HOME > スタジオTOP > OMF・AAFってなに? 基礎編

OMF・AAFって なに?

基礎編

MA時に音素材を持ち込むには何がいい??
映像編集後のMA用素材としてポピュラーなOMF・AAFですが、

『どうしてOMF・AAFじゃなきゃダメなの? OMF・AAFってなに??』

そう思われる方も少なくないはず。
そんな方向けに今回はOMF・AAFの初歩的な部分について解説をしていきます!

1OMF・AAFとは?

OMFとは

Open Media Framework Interchange(拡張子「.omf」)
DAWシステムやビデオ編集上のマルチトラックデータ、クリップの位置情報などを保持できるファイルフォーマット。
多くのシステム間で互換性がある。
※ OMFファイルそのものは2GBのファイルサイズ制限がある。

AAFとは

Advanced Authoring Format(拡張子「.aaf」)
OMFを拡張し、より多くの情報を持てるようにしたもの。
用途としてはOMFと同じく、異なるシステム間でオーディオ・ビデオ情報をやり取りするためのファイルフォーマット。


MAに慣れていない… 収録はあまりやったことがない…
ベストメディアなら事前準備からご相談いただけます!
MA・テレビCMマスタリング・ラジオ収録
色々できるから、いろいろ相談できる!
詳しくはこちら

2OMFとAAFの違い

OMFとAAFの機能的な違いとしては、OMFファイルの「2GBの容量制限」があります。(埋め込み設定時)
OMFよりAAFのほうがより詳細な情報を持て、Pro Tools展開時にはトラック名情報、各種オーディオエフェクトの有効/無効で差があります。
ですが、書き出しを行う編集ソフトによって機能や扱いが変わるため一概には言えません。
ちなみにEDIUSではOMF形式の書き出しはできません。

3OMFとAAFの利用シーン

まず、OMFとAAFがどんな時に必要とされるのかについて説明していきます。
使用されるシーンは、主に映像編集とMAスタジオ間での音の受け渡しです。
一般的にはあまりなじみのない「.omf」「.aaf」の拡張子ですが、MA時には大活躍です。

映像編集時にはたくさんの音素材を扱います。
  • 撮影した時に同時収録した台詞や環境音
  • インタビュー映像と一緒に編集した音声
音効素材も含めるならば……
  • BGMとして配置した音楽
  • アニメーション等の動きに合わせてつけられたSE
どれも、映像編集と一緒に構築された音たちです。
その音たちが配置された各トラックを、映像編集環境と同じようにMAスタジオに引き渡すことができたら……
そんなことを叶えてくれる素敵なファイルフォーマット。それがOMFとAAFです。

テレビCMフォーマットってどうすればいい?
なにを持ち込めばMAできるの??
ベストメディアなら
マスター搬入まで手厚くお手伝い

詳しくはこちら

4OMF・AAFの利点

大まかには3つの利点があります。
  1. シーケンス全体から、すべてのアクティブなオーディオクリップをOMF・AAFファイルとして書き出すことができます。

    OMF・AAFに含まれる情報として
    • クリップ名
    • クリップのボリュームレベル
    • 音声クリップの編集点
    • 音声クリップの位置情報
    • オーディオトランジション(ディゾルブ等)
    • パン情報
    等を含んでいます。
  2. 書き出される情報の「クリップ名」「位置情報」により、音声トラックと音声クリップが紐づけられる
    異なるシステム間でも音声トラックを再現できる ということになります。
  3. 「予備フレーム」を含めることができるため、MAへ引き継ぐ際に音源編集の"のりしろ"を持たせることができます。
    このことにより、構築された音声トラックを音楽編集ソフト上で再現できるだけでなく、MA時に音声の再調整が可能な状態で引き渡すことができます。

5WAV・MP3ではダメなの?

よくわからないOMF・AAFを書き出すより『音声トラックをそのまま1本化して書きだしたほうが良いのでは?』と考えたくなりますね。

WAV

WAVはダメではないです。
動画開始地点を起点として動画のおしりまで1本の音声トラックとして書き出してしまえば、配置の原理はOMF・AAFと同じです。
でも、不都合が起きてしまう場合があります。
  • 動画の開始地点ではなく、音声開始地点から書き出してしまった場合は、音のメタデータ(位置情報等)が情報として含まれていないため、適切な位置への配置が難しくなることがあります。
  • 予備フレームを含ませることができないため、音声ファイルの尺を短くすることはできても、引き延ばして使用することはできません。
    すなわち、フェードや音のつなぎ目をMA時に再調整できなくなってしまいます。

MP3

では、MP3はどうかというと、あまりお勧めできません。
音声クリップとしての役割はWAVと同じですが、圧縮がかかってしまっているため、非圧縮データと比較して音質が落ちてしまいます。
どうしてもMP3でしか素材が入手できない場合は仕方ありませんが、できれば非圧縮の音声データをお使いになられたほうが良いかと思います。

同様の理由でMP4変換でおなじみのAACもお勧めできません。


ということで、今回はOMF・AAFの初歩的な部分について解説してきました。

書き出したOMF・AAFがMAではどんな情報として引き渡されているか、書き出し時の注意点については
「これで大丈夫? MAでちゃんと使える??」書き出し時の注意点編でじっくり解説いたします。

ちなみに、弊社ベストメディアスタジオでは、持ち込み素材については「このように」ご案内しております。

皆様のご不安解決になれば幸いです。


東京メトロ日比谷線・JR京葉線
八丁堀駅から徒歩30秒
東京駅からもタクシーでワンメーター。
ベストメディアでは40年以上の歴史の中で培ってきたMA、ナレーション録音、映像編集などのスタジオ技術を軸に、様々な用途に対応した利便性の高いサービスをご提供しております。