容易な操作と高い精度、そしてCADデータのインポート対応!
照明Simulator
照明Simulator CAD

光学関連サービス
照明光学系・結像光学系問わず、光学コンサルティング、光学設計、評価など、各種サービスをお届けします。
お問合せはこちらからお問合せフォーム

シーケンシャル追跡を特長とする
照明Simulator

top
特長
CADデータのインポートとノンシーケンシャル光線追跡
  • 3D CADで設計したモデルデータはIGES、STEPまたはSTL形式をサポートします。
    IGES、STEPまたはSTL形式をサポート

  • IGESとSTEPはサーフェスに分かれて、STLは1つの物体として配置されます。
    また、アッセンブリー構造を持つデータはそのまま引き継がれますので、インポート後の設定が容易です。
    インポート後の設定が容易

  • 幾何光学的光線追跡はもちろん、全反射条件、フレネル公式なども忠実に計算。
    幾何光学的光線追跡はもちろん、全反射条件、フレネル公式なども忠実に計算
    表示用導光板を例に、LED光源からの入射角度の違いによる射出量の差をテスト光線追跡で確認

  • 光線波長による角度依存性を考慮した複数回反射を再現します。
    光線波長による角度依存性を考慮した複数回反射を再現
    追跡波長によって全反射状態での反射角度の変化量を確認


わかりやすい操作画面で習得が容易
  • (株)ベストメディア企画・開発の純国産製のソフトウエアです。
    拡大/縮小、回転、移動が自由な大型3Dパレットを常時表示。部品形状や配置、位置関係が一目でわかります。
    部品形状や配置、位置関係が一目でわかります

  • 設定項目メニュをわかりやすいアイコンでビジュアル表示。
    わかりやすいアイコンでビジュアル表示

  • 全体の部品は階層構造として自動表示。グループや構成要素の追加・移動も容易です。
  • メニューバーより指定した設定項目は逐次プロパティエリアに自動追加。効率的な編集作業を実現します。
    効率的な編集作業を実現

高い計算精度
  • 光源はニアフィールド出力(レイデータ)やIES NAファイルの読込に対応。

    • レイデータについて
      Radiant Imaging社のニアフィールド配光分布測定器Source Imaging Goniometers (SIG)で測定されたデータはRadiant Sourceデータ「RSM」または「RS8」の形式のニアフィールドデータとして生成されます。
      各種照明光学シミュレーションソフトで使用するためには、専用ソフト「ProSource」が必要です。
      LEDメーカはSIGで測定した自社製品のニアフィールドデータを「RSM」または「RS8」形式で、あるいは「ProSource」を使用し、照明光学シミュレーションソフト用にエクスポートして自社のWEBページで提供しております。
  • 大手硝子メーカの代表的な硝種の光学特性(屈折率と分散)を内部のデータベースで用意。
    データベースは硝種の追加やプライベート硝材の登録も可能です。
    分散は分散式、セルマイヤー、ハルトマンのいずれかで指定


便利で、新しい機能が満載
  • 表計算ソフトで定義された座標点を読込み、回転対称や押出し形状のモデル作成が可能です。
    ファセット、境界引伸し

  • 可視域だけでなく、紫外域から赤外域までの波長を広くカバー
    紫外域から赤外域

  • テスト光線は追跡本数と波長の指定のほか、任意に指定した追跡光線は部品との交点座標や回転がテキストで表示されます。
    入力画面
    光線の射出開始位置を座標で指定後、目標位置を座標で、または方向で指定します。
    追跡実行ボタンを押すと光線が描画され、画面下部のテキストウインドウに左から、それぞれの面との交点情報がPosition:X,Y,Z Cosine:X,Y,Zの順に表示されます。
    追跡光線は部品との交点座標や回転がテキストで表示

    追跡波長を変更して比較することもできます。
    追跡波長比較