容易な操作と高い精度、そしてCADデータのインポート対応!
照明Simulator
照明Simulator CAD

光学関連サービス
照明光学系・結像光学系問わず、光学コンサルティング、光学設計、評価など、各種サービスをお届けします。
お問合せはこちらからお問合せフォーム

シーケンシャル追跡を特長とする
照明Simulator

top
APIモジュールを使用したリング照明用光源の一括配置(新機能)のご紹介

「照明Simulator CAD」でモデル化したLED光源を、APIモジュールを使用し任意に指定した円周や、角度に一括にプログラムをご提供します。

LEDを円錐状に配置   LEDを平板に配置

 
 
 
 
 


一括配置までのフロー

1. リング照明で使用する光源をss部品として保存します。

IESエクスポートまでのフロー3IESエクスポートまでのフロー4IESエクスポートまでのフロー5

2. API実行メニュより「SSCADRING.dll」ファイルを選択します。




3. 専用入力画面「Ring配置ツール」が表示されます。



方向パラメータ(1):「角度θ指定」を選択

方向角度を入力すると、目標座標Z(mm)が自動的に計算されます。


方向パラメータ(2):「角度Z指定」を選択

目標座標Z(mm)を入力すると、方向角度θが自動的に計算されます。


追加するデータグリッドビュー数を選んで「追加」ボタンをクリックします。




入力パラメータの考え方

点線の円はyz平面上に描かれているので、これをyz平面の円と呼ぶことにします。
このyz平面の円の半径をr=62(mm)とします。

上記図中の直線ABの長さをRとしますと、φ=30度のときは31(mm)です。
このとき、三角形AOBの角AOBはφになり、この三角形を構成するパラメータは、

  • 1. yz平面の円の半径r
  • 2. ABの距離R
    (入力上では「(リングの)半径R」)
  • 3. 点Aのz軸の値H(入力上では「配置座標Z」あるいは「目標座標Z」)
  • 4. 角度Φ(入力上では「方向角度θ」)
の4つとなり、このうち2つのパラメータの入力から、残りのパラメータを求めております。
※β版では赤枠については計算補助シートで求めて下さい。


4. データグリッドビューの編集


  • 列の名前 …… 入力した名前が配置後のグループ名として反映されます。
  • 開始角(度) …… xy平面での12時の位置を0(度)とし、Z軸(+)を手前に、左回転に配置開始位置を角度で指定します。

  • 個数 …… 配置する数量を指定。
  • 半径R(mm) …… xy平面での円周の半径をmmで指定します。

  • 配置座標H(mm) …… 光源を配置する高さ(Z方向の位置)をmmで指定します。

  • 方向角度 …… zx平面での光源の傾きを角度で指定します。
    方向パラメータ(1)「角度θ指定」を選択した場合、目標座標Z(mm)は自動的に計算)
  • 光源(ssprt)ファイル …… 配置する光源を指定します。
  • 設定条件の保存と読込
    入力後の設定条件の保存と読込が出来ます。

5. 配置の実行「実行」ボタンをクリックします。

「照明Simulator CAD」が自動実行し配置します。


※光源をコリメート光(鉛直光源)に指定し、光線追跡テストで確認

照明Simulator CAD