HOME > 発信型動画制作 > タテ型動画制作
タテ型動画制作
横型画面が一般化しているなかで、いち早くタテ型動画を導入し、ライバル企業との差別化を図ってはいかがでしょうか。

タテ型動画は、縦長の被写体(人物・建物・ボトルなどの縦長商品)の表現や上下に大きく動くダイナミックな演出を得意としており、スマートフォンでの視聴率アップ、屋外や店頭等の媒体ではスペースを活かした広告展開が可能です。

ベストメディアならではのタテ型に最適化した演出、それを一層引き立てる音声効果で御社の問題解決をいたします。
活用例1:タテ型を利用したアニメーション(動き)
タテ型動画サンプルタテ型動画サンプル
タテ型の上下に長い形を活かして、縦方向のアニメーション(動きや流れ)を作ることで画像のインパクトを強めることができます。
また横幅が狭い分、横からの動きにより驚きや注目を集めることができます。

  • メッセージ映像
  • 商品紹介
活用例2:タテ型ならではの画面構成
タテ型動画サンプルタテ型動画サンプル
タテ型動画の画面レイアウトは、画面分割の工夫次第で情報訴求力を高めることができます。
テキスト・動画・静止画、それぞれを効果的なバランスで配置することにより、コンテンツが最適化されます。

  • 商品紹介
  • 会社、設備、施設紹介
  • 展示会などの告知
活用例3:スマートフォンにフィットした動画・ディスプレイをフル活用した映像
タテ型動画サンプル
スマートフォンでの視聴を前提としたコンテンツの場合、スマートフォンに搭載されているアプリーションの動きと関連性を持たせ動きを付けることにより、まるで自分のスマートフォンが操作されたような感覚になる、クリエイティブで注目を集めることがでる動画です。

  • キャンペーン
  • 特典映像