HOME >照明・光学シミュレーションラボ > 光学測定受託サービス
照明光学評価ソフト照明Simulator CAD
照明Simulator

光学シミュレーション&
コンサルティング
光学コンサルティング 光学測定受託サービス 光学設計・評価ソフト開発
お問合せはこちらから
お問合せフォーム
光学測定受託サービス

LEDを応用した光学製品の設計のための測定を受託にておこなっております。
測定結果を「照明Simulator CAD」と組合わせることで、実測データを使用した精度の高いシミュレーションを行う事が出来ます。

ゴニオフォトメータによる計測 (1) 〜測定結果BSDF出力〜

測定方法

サンプルを水平に置き、受光器を水平垂直に駆動して半球の透過・反射散乱を測定します。
標準白色板で校正を行なうことにより、散乱特性以外に、反射率・透過率の測定にも対応します。また、LED 等の発光体の配光特性の測定にも対応しています。
散乱特性及び配光特性は「照明Simulator CAD」に対応したデータ出力も可能です。


測定応用例
  • フィルム、ガラス基板等の透過、反射特性の角度変化の測定
  • 発光体の輝度、配光特性の測定
  • 拡散板の拡散度の測定

測定項目
  • 材料の散乱特性(BRDF、BTDF)
  • 反射率、透過率
  • 発光体の配光特性

測定波長範囲
  • 350nm-850nm(標準)

最小測定角度間隔
  • 0.01°
※使用する測定器についての詳細はこちらをご参照ください。


ゴニオフォトメータによる計測 (2) 〜測定結果IESファイル出力〜

2軸回転機構でのゴニオメータ方式の配光計測装置を使用し、360度配光計測後、IESファイルに出力します。


測定応用例
  • LEDランプ、蛍光灯、灯光器の全周配光特性

測定項目
  • 配光特性
  • 極座標
  • 色度差(色彩照度/輝度)

最大測定範囲
  • 鉛直角:±90°
  • 水平角:360°
※使用する測定器についての詳細はこちらをご参照ください。


積分球による計測 〜全光束量出力〜

積分球はLED単体、照明器具、有機ELパネル等の発光体の全光量測定に使用されます。
球内径φ100mm~φ2000mmまでサイズに応じてご用意しております。
分光器などと組み合わせて、分光分布、演色性評価測定についてもご相談ください。


測定応用例
  • ランプの全光束測定 IS-350写真
  • LEDの全光束全出力測定
  • LCDバックライト全光束・出力効率測定

測定項目
  • 全光束、相関色温度、分光分布、演色性評価など
※使用する測定器についての詳細はこちらをご参照ください。


測定費用と所要期間

測定点とサンプル点数により異なりますのでお問い合わせ下さい。
サンプルは、弊社に送付頂いてから2週間程度でデータを提出致します。