HOME > 照明・光学シミュレーションラボ > 光学測定受託サービス
照明光学評価ソフト照明Simulator CAD
照明Simulator

光学シミュレーション&
コンサルティング
光学コンサルティング 光学測定受託サービス 光学設計・評価ソフト開発
お問合せはこちらから
お問合せフォーム
光学測定受託サービス

透過・反射の散乱特性、発光体の配光特性など、スタンダードな測定メニュをご用意しております。

ゴニオフォトメータによる散乱測定

サンプルを水平に置き、受光器を水平垂直に駆動して半球の透過・反射散乱を測定します。
標準白色板で校正を行なうことにより、散乱特性以外に、反射率・透過率の測定にも対応します。
また、LED等の発光体の配光特性の測定にも対応しています。


測定応用例
  • フィルム、ガラス基板等の透過、反射特性の角度変化の測定
  • 発光体の輝度、配光特性の測定
  • 拡散板の拡散度の測定

測定項目
  • 材料の散乱特性(BRDF、BTDF)
  • 反射率、透過率
  • 発光体の配光特性

測定波長範囲
  • 350nm - 850nm(標準)

最小測定角度間隔
  • 0.01°
※使用する測定器についての詳細はこちらをご参照ください。


紫外可視近赤外分析光度計による分光透過率・反射率測定

紫外可視から近赤外域までの測定範囲をカバーし、物性の分光特性を解析します。


測定応用例
  • ガラスやプラスチック材料を用いた光学部品の透過率、反射率、及び製品の光学特性の測定

測定項目
  • 透過率測定
    1. 直線透過率測定
    2. 拡散+直線透過率測定
  • 反射率測定
    1. 鏡面反射率測定
    2. 拡散+鏡面反射率測定
    3. 拡散反射率測定

測定仕様
  • 測定波長範囲:
     190nm - 3200nm(直線透過率)
     250nm - 2500nm(拡散透過率/反射率)
     300nm - 2500nm(鏡面反射率)
  • 測定間隔:2nm

対応サンプルサイズ
  • 最小サイズ:30×22mm程度(設置窓20×12mm程度を満たす大きさ)
  • 最大サイズ:100mm角以下を推奨(長辺が300mm程度までは対応可能。ただし測定ポイントに限定あり)


測定費用、その他

測定点とサンプル点数により異なりますのでお問い合わせ下さい。
測定装置の改訂等に伴い、記載内容を予告なく変更する場合がございます。